AMACCAOグループについて

我国が改修期に入り、ASEAN(東南アジア諸国連合)に正式に加盟した1995年には、ベトナムの建設投資開発株式会社の名でAMACCAOも設立されました。統合と持続可能な開発に向けた国の大きな変革に加えて、取締役会は、AMACCAOボートを頑丈で困難な時期を乗り越え、評判の良い強力な企業になるための具体的な戦略、解決策、および永続的な労働、創造性を打ち出します。

これまで25年以上の経験を持つAMACCAOは、国際基準を満たし、すべての顧客を満足させる製品を作成するためのモダントップで独自のテクノロジーソリューションを提供するベトナムで評判の良い企業の1つであると確信しています。 これらは、高い技術的および芸術的基準を競争力のあるコストで満たし、国と社会の革新と発展に貢献する製品です。 AMACCAOでは、ブランド価値の測定は常に品質と評判の上にあります。

今、AMACCAOには05の産業クラスター(AMACCAOグループの生産工場のみ)があります。これには、ハノイ、タイグエン、ハナム、ライチャウにある16の工場、および21のメンバー企業が含まれます。 工場のシステムはすべて、100%輸入された機械設備を備えた自動生産ラインを所有し、ドイツ、アメリカ、イギリス、ブルガリア、日本、韓国、ベルギーなどのヨーロッパ諸国からの経験豊富な外国専門家による技術のコンサルティング、サポート、トレーニング、および移転を行っています。

「ベトナムと世界をますます美しくするために価値を貢献する」という目標を掲げて、AMACCAOはベトナムの持続可能な開発技術 – 経済グループになるために努力し、それうちにベトナムで一定の地位で水と電気機器、精密機器、消費財サービス、教育と訓練、建設資材、建設工事と不動産投資のサプライチェーンになることを目指しています。AMACCAOグループは常にAMACCAOのブランドで製品とサービスに変化をもたらすことを目指し、努力しています。